Loading

高大連携授業

テーマ一覧

人文・社会学関係
ボランティア活動の社会学
日本社会では、一人暮らしや夫婦だけで暮らす家族が増え、そうした家族が増えた地域社会もまた変化してきています。
また、世代間のつながりが弱くなっている、若者世代は社会に無関心であるとも言われています。そうした中で、私たちはこれからどのような生活のあり方を考えていかなければならないのか、その際、若い世代には何が期待されているのか、といった問いに答えるための手がかりを示したい。
▲ページの先頭へ
語学関係
翻訳の問題
具体例をあげながら、英日翻訳の問題点を解説する。
▲ページの先頭へ
経済学関係
大学では学生も研究する
大学での勉強について語ります。大学生活にわくわく期待してもらいたいと思います。
▲ページの先頭へ
教育学関係
大学で学ぶということ 教師という仕事
 
▲ページの先頭へ
法学関係
「桃太郎」の法律学的分析
おとぎ話の「桃太郎」を法律学の観点から分析するとどうなるかという講義です。
▲ページの先頭へ
理学関係
平方根、円周率のはなし
小・中学校と進む中で、「自然数」「整数」「分数」などの数を学んできた。日常生活でも出会う機会の多いこれらの数と比べ、2の平方根や円周率πなどの「無理数」とよばれる数は、その値こそ、電卓のキーを押すことによってすぐわかるものの、規則性はなくどこまでも続く小数は、なんとも怪しく難解で、これらに出会ったことをきっかけに数学が苦手になる人も少なくない。この講義で、ごく簡単な微分の計算や、三角関数の性質を使い、これらの値を実際に計算してみることによって、「怪しげ」な存在から「不思議だがより身近」な存在へと感じられるようになることを目標にしている。
▲ページの先頭へ
工学関係
高性能電池開発のための最新科学
省エネルギーや地球環境保全の観点から、電気自動車に対する期待が高まり、そのための高性能電池の開発が急がれています。化学反応により電気を「つくり」また 「ためる」技術として電池の果たす役割とその最新科学、先端技術を紹介します。
▲ページの先頭へ
農学関係
植物の光合成とバイオマス生産
大学で行っている研究について、自分の専門を中心として高校生にも理解できる内容でわかりやすく紹介します。私の専門が、植物や作物の生理生態学、特に光合成と物質生産の研究なので、その内容を中心として、自信の研究成果などを加えてお話しします。
▲ページの先頭へ
体育学関係
スポーツ上達法
スポーツトレーニングにおける心構え、動きの違いを見つける研究
▲ページの先頭へ
看護・栄養学関係
看護ってなに? 看護師や保健師に必要なもの
看護師・保健師に必要な心構え、基礎となる勉強のこと、高校生の間にして欲しいことや大学生になって積み重ねていくことなどをお話しします。
▲ページの先頭へ
心理学関係
もてる男の顔・対称性とその顔認証への応用
顔の対称度高速計測法を通じて人間のもてる顔、幸せになる顔を分析する。これは、 2007年12月にNHKで放映された「解体新ショー」をベースにしたものである。またそれらの応用としてバイオセキュリティの概要を述べ、顔認証についてわかりやすく説明する。
▲ページの先頭へ
芸術学関係
物質の進化アートな感覚を見出そう
グラスアップ(海の漂流物・ガラス)をもちいて様々なかたちや色の作品をインスタレーションしていく。その場でしか成立しない作品展示を体験するとともに、個から集合、集合からの分離などのかたちの流動、色彩の組み合わせ、共同作業など様々なバリエーションのできる現代アート入門の一つとして行います。
▲ページの先頭へ