Loading

校長あいさつ

校長写真

「進学も部活動も元気な、生徒が主役の学校」をめざして

山口県立豊浦高等学校
校長 森重 祐二

 

本校は、創立以来100年以上続く県内有数の伝統を持つ高校で、「文武一徳」の人づくりを掲げ、知・徳・体を兼ね備え、社会をよりよく活性化させる人材を育成することをめざしており、現在500人を超える生徒が豊高生活を謳歌しています。

 実際の学校生活の中では、何より生徒が主役として生き生きと主体的に活動することが最も肝要です。このため、困難に直面しても未来を切り拓くことができるたくましい人間に成長してくれるように、数多くの主体性を育む特色ある学校行事や数多くの部活動等を実施しています。
 また、日々の授業の充実とともに、新入生対象の初期指導徹底のための「豊高チャレンジタイム」から始まり、キャリアセミナーやチャレンジセミナー等の学習・進路面での様々な取組みなどを含め、教職員が多様な面から熱心に生徒を支援しております。このため、毎年、進学でも部活動等でも優秀な成績を残すとともに、地域でのボランティア等でも積極的な活動を行い、地域から信頼を得ているところです。

 今後とも、学校行事や部活動、またボランティアの盛んな進学校として、地域から愛される豊高の伝統を継承しつつ、新たな時代に乗り遅れることのない学校づくりを進めてまいりたいと思います。